大人になった今でもお母さんが怖かった私の変化

お客様の変化
母親の一言一言にびくびくしている
小さなたかこちゃんが、
大人になった今でも、
わたしの中に存在していたのです。
そんな高子ちゃんを癒していったら
今ではあんなに怖かったお母さんと
友達のような関係になっています。
  ~~~~~ 矢田高子さん 感想より

 

2013年9月に主人を突然死で亡くしてから、
自分の人生の立ち直りを必死でやってきました。

散々、リトリートやセッションや
セラピーを受けて、癒してきたけれど、
核心部分は超えられてないと思っていました。

同居している母からも精神的に
自立できていないことも大きな課題で

もし、母が亡くなっても、今のままだと
自分で立ち上がることもできないかも知れない…
という不安がありました

floweringセラピーの長期コースを
受けることを決めたのは
『今さらの人生ではなく、今からの人生を始めたい』
と強く思ったからです

コースでは、辛い感情とも向き合いました。

時には逃げたくもなり、見たくない自分もいました。

そんなときでも、必ず愛結さんは、
寄り添って引っ張ってくれました。

もちろん、わたしも
絶対諦めないと決めていました。

山場を超えたときから、
ずいぶん楽になりました。

そして、コース後半で過去を振り返ったとき、
20代のときからセラピストになりたい‼️という
気持ちがあったことを思い出しました。

だから、さらに「今ここ」を深め、
養成コースへ進むことに決めました。

自分の人生は、自分で決めて進んでいく。

自分軸も強くなりましたし、
母親との関係も、変わりつつあります。

あんなに怖かった母親とも
友人みたいな関係になりつつあります。

わたしを先導してくれた愛結さん。
見守ってくれた仲間のみなさん、陽子さん、光平さんに
本当に感謝します。

関連記事一覧